怪談えほん

「怪談えほん」コンテスト 作品募集

怖い絵本ブームの火付け役として、異例の大きな反響を得た「怪談えほん」シリーズ。〈第1期〉と〈第2期〉で計10作品を刊行するところ、諸般の事情で1作品が欠けてしまいました。

この「未刊の1作品」を期待する声が、読者のみならず、書き手からも続々寄せられたことから、新たな書き手を迎えて生み出そうという企画が、このたび立ち上がりました!

年齢、プロ・アマは不問です。怪談を書いたことのある方、絵本の文章を書いたことのある方はもちろん、一度も本や絵本を作ったことがない方のご応募も歓迎いたします。

ご応募いただくのは、子どもたちを本気で震え上がらせるような怖いお話です。

絵本という媒体で表現されるにふさわしい怪談、不思議な話であれば、創作、実話、昔話からのインスパイアでも、怖さで心が動くものであればなんでもあり!の方針です。

下記の募集要項をお守りいただき、ふるってご応募ください!

「怪談えほん」コンテスト 審査員

「怪談えほん」コンテスト 賞

大賞:1点〔賞金20万円〕
大賞作品は、プロの画家による絵をつけて、「怪談えほん」シリーズの1冊として、岩崎書店より出版。
大賞作品は、プロの画家による絵をつけて、「怪談えほん」シリーズの1冊として、岩崎書店より出版。
怪談えほん 特設サイトはこちら 怪談えほん 特設サイトはこちら

「怪談えほん」コンテスト 応募要項

「怪談えほん」コンテスト 応募資格

  • 年齢、プロ・アマ不問。
  • 実話・創作を問わず広義の怪談(怖い話、不思議な話、奇妙な話など)に属するオリジナルの物語を募集します。
  • 未発表のものに限ります。
  • 他の公募との二重応募は選考対象外となります。

「怪談えほん」コンテスト 原稿文字数・応募作品数「怪談えほん」コンテスト ・内容について

  • 文字数は800~1000文字程度
    文字数は特に規定を設けておりませんが、小学校低学年が自力で読むことを考え、この文字数を目安としています。少ない分には問題ありませんので、作品によっては、300~400文字程度でもOKです。
  • お1人様何作品でも応募可
    応募作品数に上限はありません。
  • 読者対象は小学校低学年(1~2年)から
    小学校低学年の子どもにも、すんなり理解できる言葉を意識していただけると幸いです。
    (例:遭遇しました→あいました)
  • テーマ、舞台、時代など設定は自由
    ただしスプラッター的な設定、残酷な描写は、読者対象を鑑み、受理できない場合もあります。

「怪談えほん」コンテスト 応募締切

 2018630日(土) 

(23時59分送信分まで)

「怪談えほん」コンテスト 発表

2018年9月末

当サイトにて発表

「怪談えほん」コンテスト 原稿送付先

下記応募フォームよりご投稿ください。
※申し訳ありませんが、郵送でのご応募は受け付けておりません。

「怪談えほん」コンテスト 応募フォーム

作品タイトル
作品タイトル カナ
ペンネーム
ペンネーム カナ
お名前
お名前 カナ
郵便番号
住所
メールアドレス
メールアドレス確認
生年月日
応募時年齢
経歴、文学賞応募歴
応募原稿

現在0文字

※「経歴、文学賞応募歴」以外、全て必須項目です。

「怪談えほん」コンテスト 注意事項

  • ご記入及びご送信の前に個人情報保護方針をご一読いただき、 同意の上ご応募をお願いいたします。
    収集した個人情報は本コンテストの作品審査のみに使用し、それ以外には使用いたしません。
    また、審査終了後に破棄いたします。
  • 電話番号、メールアドレス等の連絡先は、確実に連絡のつくものをご記入ください。作品内容について、こちらから問い合わせをさせていただくことがあります。連絡がつかない場合、応募が受理されない可能性もあります。
  • 実話の怪談(実在の人物・場所をモデルにした作品)を応募する場合、プライバシーには十分ご配慮下さい。トラブルが生じた場合、当事務局はその責を一切負わないものとします。
  • 主催者が不適切と判断した作品は、受理できない場合があります。ご了承ください。
  • 応募作品は、当事務局が管理する各種メディア(ホームページ、PR等チラシ、ポスター、冊子等)で使用することがあります。
  • 審査過程その他のお問い合わせには応じられません。
  • 受賞作は株式会社岩崎書店より刊行されます。
  • 【出版権】受賞作の出版権は株式会社岩崎書店に帰属し、出版に際しては規定の印税が支払われます。