「いっさいはん あるある川柳コンテスト」 入賞4作品発表!

2016年11月に刊行した絵本『いっさいはん』。
発売直後から「わかる~!」「可愛い」「ウチの子はこんなことしてるよ」と、
Twitterを中心に共感の声が続々と寄せられました。

大変だけど楽しい、1歳半くらいの子どものあるある行動をみんなで共有したい!
そんな思いから「いっさいはん あるある川柳コンテスト」を開催しました。

応募総数1031首の中から、このたび入賞4作品を決定!
作者のminchiさんによる特別描き下ろしイラストとともに発表します!

あるあるすぎる大賞
主電源 教えてないのに なぜわかる
詠み人:女性・35歳・五十嵐江利子様
かわいすぎる賞
穴に指 障子に張り手 窓にキス
詠み人:女性・27歳・やぎぽん様
子育てって大変…賞
昨日まで 届かなかった 油断した
詠み人:女性・49歳・岩﨑明子様
ゆかいで賞
ラッパ吹き 息より先に 声が出る
詠み人:女性・37歳・高砂亜依子様

思いがけない行動をする子どもと、振り回されている親の姿がリアルに思い浮かびますね。惜しくも入選を逃した作品の中にも、思わず笑ってしまったり、ほろりとさせられる作品がたくさんありました。ご投稿くださった皆さま、ありがとうございました。

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」の概要
【募集内容】 1歳半前後の子どもとの生活での大変なことや、おもしろネタ、ちょっとグチりたいこと、かわいいしぐさなど、五・七・五の川柳にして投稿。
【応募方法】 岩崎書店公式Twitterとホームページにて投稿受付
【募集期間】 2017年2月12日~3月31日
【選考方法】 作者のminchiさんと岩崎書店スタッフが選考
【賞品】 minchiさん特製の「虫歯ちゃんぬいぐるみ」「イラスト付き直筆サインカード」など。

引き続き、『いっさいはん』の感想やあるあるネタなど、「#いっさいはん」でツイート大歓迎です!

絵本『いっさいはん』について

じっとしてられない、ごみを集める、なんでも散らかす…
くすっと笑えて子どもが愛おしくなる、
1歳半ぐらいの子どもの予測不可能な行動を描いた絵本『いっさいはん』。

著者のminchi先生がSNSで公開していたイラストをもとに書籍化したこの絵本。
SNSでの公開当時から「あるあるすぎる~!」と話題になりました。

「ダ・ヴィンチニュース」「ほんのひきだし」ほかで続々紹介されました!

Twitterで話題騒然!中毒性抜群な「いっさいはん」の行動にハマる人続出中!

超笑えて愛おしい!1歳半児のあるあるネタ満載の絵本『いっさいはん』

徳島新聞(2/26)・毎日新聞(2/27)・読売新聞(3/11)・中日新聞(3/11)・東京新聞(3/11)・京都新聞(3/16)ほか

書籍情報

いっさいはん

著者minchi 作・絵
対象年齢0歳から大人
出版年月日 2016/11/30
ISBN9784265830398
判型・ページ数B5・24ページ
定価本体1,200円+税
本を購入 Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う ローチケHMVで買う
オムニ7で買う 紀伊國屋書店BookWebで買う hontoで買う