怪談えほん | 岩崎書店

岩井志麻子 x 寺門孝之 『おんなのしろいあし』

おんなのしろいあし 表紙

ぼくはオバケなんかこわくない。ともだちみんながこわがるそうこに、ぼくはひとりではいった。するとそこには…。
岩井志麻子と寺門孝之が導く、妖しく美しい世界。

A4変型判 32頁 定価(本体1,500円+税)
978-4-265-07957-5

2014年8月刊行

プロフィール

プロフィール
作 岩井志麻子(イワイシマコ)

1964年、岡山県生まれ。少女小説家としてデビュー後、1999年「ぼっけえ、きょうてえ」で日本ホラー小説大賞受賞。翌年、作品集『ぼっけえ、きょうてえ』で山本周五郎賞受賞。2002年『チャイ・コイ』で婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で島清恋愛文学賞をそれぞれ受賞。著書に、『岡山女』『夜啼きの森』『恋愛詐欺師』『べっぴんぢごく』『鐵道心中』など多数。作家としてだけでなく、テレビなど多方面のメディアで活躍している。

プロフィール
絵 寺門孝之(テラカドタカユキ)

1961年、愛知県生まれ。画家。神戸芸術工科大学教授。大阪大学文学部美学科、セツ・モードセミナー卒業。
展覧会での作品発表、書籍装画、広告、ライブペインティングなど幅広く活躍。著書『Holy Basil』、『ANGEL ROSE JEWEL BOAT』他多数。絵本の作品に『ぼくらのオペラ』、『桃太郎』(文・芥川龍之介)、『猫とねずみのともぐらし』(文・町田康)、『納豆の大ドンブリ』(編・穂村弘)などがある。
http://www.terapika.com

プロフィール
監修者 東 雅夫(ヒガシマサオ)

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。1982年『幻想文学』を創刊し、2003年まで編集長を務める。現在は怪談専門誌『幽』編集長。著書『遠野物語と怪談の時代』で、第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。編纂書に『文豪怪談傑作選』『てのひら怪談』『稲生モノノケ大全』などがある。「怪談えほん」シリーズの企画・監修をつとめる。

怪談絵本シリーズ ラインナップ

宮部みゆき x 吉田尚令 『悪い本』 皆川博子  x 宇野亜喜良『マイマイとナイナイ』 京極夏彦 x 町田尚子『いるの いないの』 恒川光太郎 x 大畑いくの 『ゆうれいのまち』 加門七海   x 軽部武宏 『ちょうつがい きいきい』

恩田 陸×樋口佳絵『かがみのなか』 岩井志麻子×寺門孝之『おんなのしろいあし』 綾辻行人×牧野千穂『くうきにんげん』 小野不由美×nakaban『はこ』