怪談えほん | 岩崎書店

加門七海 x 軽部武宏 『ちょうつがい きいきい』

ちょうつがい きいきい 表紙

部屋の扉を開けると、きいきいと音がする。よく見ると、なんとそこにはおばけがはさまっていて、痛い痛いとさけんでいるではないか。耳をすますと、あっちからもこっちからも、きいきいきい…さあ大変だ! 加門七海と軽部武宏が奏でる鳴り止まない恐怖。

A4変型判 32頁 定価(本体1,500円+税)
978-4-265-07955-1

2012年2月刊行

刊行記念スペシャルインタビュー

加門七海先生×軽部武宏先生スペシャル対談New
『ちょうつがい きいきい』めざしたのは、トラウマ絵本!?

当代の人気作家5人が子ども向けの「怖い」絵本に挑戦する画期的な企画「怪談えほん」シリーズ。いよいよ完結となった5作品目、加門七海(作)/軽部武宏(絵)の『ちょうつがいきいきい』が刊行されました。そこで、刊行を記念して、作家と画家のお二人にお話しいただきました。司会は怪談えほんの監修者である文芸評論家、アンソロジストの東雅夫さんです。
加門七海先生×軽部武宏先生スペシャル対談

プロフィール

プロフィール
作 加門七海(カモンナナミ)

東京都生まれ。多摩美術大学大学院修了後、美術館学芸員を経て、1992年に小説『人丸調伏令』で作家デビュー。オカルト、風水、民俗学に造詣が深く、小説、エッセイなど様々な分野で活躍している。『祝山』『怪のはなし』『怪談徒然草』『心霊づきあい』など著書多数。

プロフィール
絵 軽部武宏(カルベタケヒロ)

1969年、東京都生まれ。画家、絵本作家。第2回岡本太郎記念現代芸術大賞記念展出品。個展、グループ展にて作品を発表。『のっぺらぼう』(杉山亮・文/ポプラ社)で第16回日本絵本賞及び読者賞を受賞。その他、絵本作品に『こっそりどこかに』(長崎出版)、『うみぼうず』(杉山亮・文/ポプラ社)など多数ある。

プロフィール
監修者 東 雅夫(ヒガシマサオ)

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。1982年『幻想文学』を創刊し、2003年まで編集長を務める。現在は怪談専門誌『幽』編集長。2011年著書『遠野物語と怪談の時代』で、第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。編纂書に『文豪怪談傑作選』『てのひら怪談』『稲生モノノケ大全』ほか多数がある。

怪談絵本シリーズ ラインナップ

宮部みゆき x 吉田尚令 『悪い本』 皆川博子  x 宇野亜喜良『マイマイとナイナイ』 京極夏彦 x 町田尚子『いるの いないの』 恒川光太郎 x 大畑いくの 『ゆうれいのまち』 加門七海   x 軽部武宏 『ちょうつがい きいきい』

恩田 陸×樋口佳絵『かがみのなか』 岩井志麻子×寺門孝之『おんなのしろいあし』 綾辻行人×牧野千穂『くうきにんげん』 小野不由美×nakaban『はこ』