怪談えほん | 岩崎書店

宮部みゆき x 吉田尚令 『悪い本』

悪い本 表紙

この世のなかのどこかに存在している悪い本は、あなたにいちばん悪いことをおしえてくれるでしょう。そんな本いらない? でもあなたは悪い本がほしくなります。きっとほしくなります。宮部みゆきと吉田尚令が子どもたちに贈る、この世でいちばん悪い本。

★第46回造本装幀コンクール 
   日本書籍出版協会理事長賞(児童書・絵本部門)

A4変型判 32頁 定価(本体1,500円+税)
978-4-265-07951-3

2011年10月刊行

刊行記念スペシャルインタビュー

宮部みゆき先生インタビュー 『悪い本』ができるまで

2011年10月から「怪談えほん」シリーズが刊行スタートしました。
第1弾となる『悪い本』の刊行開始を記念し、怪談えほんシリーズの監修者・東雅夫さんが宮部みゆき先生にお話をうかがいました。企画に参加するにいたった経緯、どんな怪談を目指そうとしたか、画家さんとの創作上やりとりなど、『悪い本』が生まれるまでの秘話を存分に語っていただきました。

宮部みゆき x 吉田尚令 『悪い本』

プロフィール

プロフィール
作 宮部みゆき(ミヤベミユキ)

1960年生まれ。東京都出身。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年『我らが隣人の犯罪』でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。1992年『龍は眠る』で第45回日本推理作家協会賞長編部門、同年『本所深川ふしぎ草紙』で第13回吉川英治文学新人賞。1993年『火車』で第6回山本周五郎賞。1997年『蒲生邸事件』で第18回日本SF大賞。1999年『理由』で第120回直木賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、02年第6回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門をそれぞれ受賞。2007年『名もなき毒』で第41回吉川英治文学賞受賞。2008年英訳版『BRAVESTORY』でTheBatchelderAward受賞。

プロフィール
絵 吉田尚令(ヨシダヒサノリ)

1971年、大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装画や絵本などを手がける。絵本に『ボールコロゲテ スポーツの俳句』(編・村井康司/岩崎書店)『パパのしごとはわるものです』(作・板橋雅弘/岩崎書店)、『つるのおんがえし』(文・山下明夫/あかね書房)、挿絵に『雨ふる本屋』(作・日向理恵子/童心社)、『月の街 山の街』(作・イ・チョルファン/訳・草薙剛/ワニブックス)などがある。
http://www.hiruneweb.com/

プロフィール
監修者 東 雅夫(ヒガシマサオ)

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。1982年『幻想文学』を創刊し、2003年まで編集長を務める。現在は怪談専門誌『幽』編集長。2011年著書『遠野物語と怪談の時代』で、第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。編纂書に『文豪怪談傑作選』『てのひら怪談』『稲生モノノケ大全』ほか多数がある。

怪談絵本シリーズ ラインナップ

宮部みゆき x 吉田尚令 『悪い本』 皆川博子  x 宇野亜喜良『マイマイとナイナイ』 京極夏彦 x 町田尚子『いるの いないの』 恒川光太郎 x 大畑いくの 『ゆうれいのまち』 加門七海   x 軽部武宏 『ちょうつがい きいきい』

恩田 陸×樋口佳絵『かがみのなか』 岩井志麻子×寺門孝之『おんなのしろいあし』 綾辻行人×牧野千穂『くうきにんげん』    高橋克彦 小野不由美