少女探偵アガサ1 エジプト編 66番目の墓の謎/岩崎書店

「少女探偵アガサ」おはなし


★お嬢さまは名探偵!?

アガサ・ミステリーは、ロンドン郊外のお屋敷に住むお嬢様で、
記憶力バツグンな12歳の少女。
いとこのラリーは、ロンドンの探偵学校に通っています。

冒険が大好きなアガサは、ラリーに呼ばれ、執事のケントとともにエジプトへ。エジプトのルクソールには、アガサとラリーの遠いしんせきのパトリシアおばさんが住んでいます。

画像をクリックで大きな画像が見られます。

★エジプト・ルクソールで事件発生!

ルクソールにある王家の谷では、考古学者たちが謎多きファラオの墓を掘り起こそうとしていました。 これは、大変な歴史的発見になる可能性がある…考古学者たちの期待が集まります。
ところが、その墓の発見に関する記述がある貴重な遺物が、何者かに盗まれてしまい…!?

世界各地でくりひろげられるアガサたちの活躍を描いた、ドキドキの探偵物語が、今はじまります!

画像をクリックで大きな画像が見られます。

 

 

登場人物紹介

アガサ・ミステリー ♥ アガサ・ミステリー

ロンドン郊外のお屋敷に住む12歳の女の子。冷静な思考力とバツグンの記憶力を持つ。
機転のきくしっかり者。猫のワトソンを飼っている。夢は作家になること。
冒険が何よりも大好きで、ラリーのミッションを手伝う。

ラリー ♦ ラリー・ミステリー

アガサのいとこで、EYE(アイ)インターナショナル探偵アカデミーの生徒。
ITや情報収集が得意だが、怖がりでおっちょこちょいなため、
実際の捜査となると頼りなく、いつもアガサに助けを求める。

ケント ♠ ケント

ミステリー家のたよれる執事(しつじ)で、冒険に出かけて留守がちな両親に代わって
アガサの面倒を見ている。
大きな体格の元プロ・ボクサーだが、優しい性格。

ワトソン ♣ ワトソン

アガサの飼っている猫。
つい、ラリーにかみついてしまう。

 

 

特別ふろく★「パスポート」&「シール」

★ 1巻のみ! 「パスポート」
「少女探偵アガサ ①エジプト編 66番目の墓の謎」には、読書記録にもなるパスポート型小冊子がついてきます。
パスポートには、各巻でアガサがおとずれる国の「国旗シール」と「入国スタンプシール」が貼れるようになっています。 全部あつめて、アガサと一緒に世界中をめぐりましょう!

★ 各巻ふろく「特製シール」
各巻の巻末には、国旗・入国スタンプ・キャラクターのシールつき。
国旗と入国スタンプのシールは、読み終わった後にパスポートに貼っていきます。
patty先生の可愛いキャラクターたちのシールもおたのしみに!


※刊行時期・タイトルは、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

作者紹介

作:サー・スティーヴ・スティーヴンソン

イタリアの作家。ボローニャ大学にて心理学系の研究チームに所属していた。
イタリアやイギリスで長らくゲーム関連の出版にたずさわったのち、児童文学作家となる。


訳:中井はるの

東京在住。外資系銀行勤務後、フリーランスの翻訳・通訳に転向。子どもの誕生を機に、児童書の翻訳や本作りに興味を持ち、絵本作家のアシスタントなどを経て書籍の仕事を始める。『グレッグのダメ日記』(ポプラ社)、産経児童出版文化賞受賞の『木の葉のホームワーク』(講談社)、『Wonder ワンダー』(ほるぷ出版)、『ちっちゃなサリーはみていたよ』(岩崎書店)などを翻訳している。


絵:patty

イラストレーター。
おもな挿絵の作品に「ドリトル先生」シリーズ、『新訳 飛ぶ教室』『泣いた赤おに』(以上、KADOKAWA)などがある。

 

 

本の情報

サー・スティーヴ・スティーヴンソン・作/中井はるの・訳/patty・絵
対象年齢小学校中学年~小学校高学年
価格本体980円+税
ISBN978-4-265-86023-4
判型四六判
ページ数156ページ
初版年月日2016年12月31日
NDC973
本を買う Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う ローチケHMVで買う
オムニ7で買う 紀伊國屋書店BookWebで買う hontoで買う