お知らせ(メディアで紹介されました)

◆「いやし犬まるこ」、新聞各紙で話題沸騰!◆



山梨の「犬捨て山」から、動物愛護の活動をするブルーノ・マルコさんの手で保護された「まるこ」。
日本レスキュー協会(伊丹市)で「癒し犬」としての訓練を受け、現在は兵庫県豊岡市の特別養護老人ホームで暮らします。

まるこはどこにでもいる普通の犬ですが、「そこに居るだけでお年よりの人たちを癒やし、笑顔にする」という特別な存在に。
2016年秋には、兵庫県の動物愛護協会から功労動物として表彰もされたまるこの活躍を書籍化した『いやし犬 まるこ お年よりによりそう犬の物語』が、まるこの活躍と共に各紙新聞で取り上げられました。

●いやし犬まるこが誕生秘話が書かれた本はコチラ

●2017年10月27日(金):朝日新聞 豊岡版

●2017年11月09日(木):産経新聞
老人ホームの癒やし犬「まるこ」児童書に 殺処分免れ活躍「誰でも居場所ある」 兵庫

●2017年11月21日(火):神戸新聞
「癒やし犬」まるこが本に 12年間の“犬生”描く

●2017年12月04日(月):毎日新聞 大阪朝刊
まるこ、君がいるだけで 捨て犬いまお年寄り癒やす 兵庫・特養の物語

●2017年12月04日(月):毎日新聞 東京夕刊
元捨て犬「まるこ」笑顔の星に 兵庫・特養の物語出版

関連書籍はこちら

日販さんのWebメディア「ほんのひきだし」で、『お世話遊びとボタンの練習 ペネロペのおうち ペネロペマスコット付き』が紹介されました!

◆「ペネロペのおうち」に突撃取材! 『お世話遊びとボタンの練習 ペネロペのおうち』

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの
「えほんができるまで」インタビューコーナーに、
『お世話遊びとボタンの練習 ペネロペのおうち ペネロペマスコット付き』
の担当編集者の記事が掲載されました!

★絵本ナビ 「えほんができるまで」インタビュー
『お世話遊びとボタンの練習 ペネロペのおうち
ペネロペマスコット付き』編集者インタビュー

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの作家インタビューコーナーに、
『たからもののあなた』の作者、まつおりかこさんの記事が掲載されました!

『たからもののあなた』の作と絵を手掛けられたまつおさんは、
ご自身も、昔は「かぎっ子」だったそう。
今回のおはなしが生まれたきっかけは、
知り合いのキャリアウーマンのお母さんと、
その娘さんのやりとりだったそうです。


★絵本ナビ 作家インタビュー
『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの作家インタビューコーナーに、
『せん』の作者、あらいひろゆきさんの記事が掲載されました!

今回の新刊『せん』は、『しろとくろ』『カラフル』に続く、
新井洋行先生の赤ちゃんの目線で作られた絵本第3弾!

線だけで絵本を作るというアイデアは、
あらいさんが絵本作家になりたいと思ったときから、
ずっと温めてきたものだそうです。
「線」は、絵になることもできるし、文字になることもできる。
コミュニケーションをとるためにいくらでも広がっていく
高いポテンシャルを持ったものとあらいさん。
絵本『せん』を通して、「線」の魅力を発見してみてください。

★絵本ナビ 作家インタビュー
『せん』あらいひろゆきさんインタビュー

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの作家インタビューコーナーに、
『空からのぞいた桃太郎』影山徹さんのインタビュー記事が掲載されました!

日本人なら誰もが知っている昔話『桃太郎』。
でも、その『桃太郎』を空からのぞくと、意外な姿が見えてくるかも知れません。
物語を「空から俯瞰する」形で描いたのが、
『鹿の王』上橋菜穂子(KADOKAWA)など書籍の装画を手がける影山徹さん。
そこにはどんな意図があるのでしょうか?
そして、空からのぞく事で見えてくる『桃太郎』の真実とは?
岩崎書店CEO・岩崎夏海と共にインタビューいただきました。

ぜひご一読くださいませ。

★絵本ナビ えほんができるまで 作家インタビュー
『空からのぞいた桃太郎』影山徹さんインタビュー

関連書籍はこちら



豪華キャストで贈る、最強ファミリードラマの誕生!
 
大人気絵本『パパはわるものチャンピオン』が、
棚橋弘至・木村佳乃・寺田心ほか、豪華キャストで映画化することが決定しました!
公開は2018年予定。楽しみにお待ちください!
 
◆原作:『パパのしごとはわるものです』『パパはわるものチャンピオン』 
    板橋雅弘・作/吉田尚令・絵 (岩崎書店刊)
◆脚本・監督:藤村享平 
◆出演:棚橋弘至、木村佳乃、寺田心 他
◆製作:『パパはわるものチャンピオン』製作委員会  
◆配給:ショウゲート

◆公式HP: papawaru.jp

 

◆映画ナタリー
棚橋弘至が悪役レスラー演じる「パパはわるものチャンピオン」公開、共演に木村佳乃
(2017.8.25)
◆CINRA.NET
棚橋弘至と寺田心が父子役 絵本原作の映画『パパはわるものチャンピオン』
(2017.8.25)
◆映画.com
棚橋弘至主演で大ヒット絵本を映画化 「パパはわるものチャンピオン」18年公開
(2017.8.25)
◆シネマトゥデイ
棚橋弘至、プロレス絵本映画化で悪役レスラーに!寺田心と父子役」(2017.8.25)
◆ザテレビジョン
棚橋弘至、長かった髪の毛をバッサリ!“ゴキブリマスク”に!!」(2017.8.25)
◆スポーツ報知
新日・棚橋が劇場公開映画初主演!悪役レスラー役でプロレスに「恩返し」」(2017.8.25)
◆ORICON NEWS
棚橋弘至、“悪役レスラー役”で映画初主演 木村佳乃&寺田心が共演」(2017.8.25)
◆デイリースポーツonline
新日・棚橋 映画初主演 役作りでロン毛バッサリ「プロレスに恩返ししたい」
(2017.8.25)
◆Real Sound
人気絵本『パパはわるものチャンピオン』棚橋弘至主演で映画化決定 共演に木村佳乃&寺田心」(2017.8.25)
◆ほんのひきだし
「プロレスラー棚橋弘至、映画初主演!絵本『パパのしごとはわるものです』『パパはわるものチャンピオン』が実写映画化!」(2017.8.29)

 

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの作家インタビューコーナーに、
『ぼくの ねこは どこ?』ヘンリー・コールさんのインタビュー記事が掲載されました!

作者のヘンリー・コールさんは、
小学校の理科の先生から絵本作家になった方で、
アメリカで120冊以上の作品を出版する人気絵本作家です。
文章のない絵を読む絵本、というユニークなスタイルの本書。
どういうきっかけで生まれたのか、日本の読者のために語ってくださいました!

ぜひご一読くださいませ。

★絵本ナビ えほんができるまで 作家インタビュー
『ぼくの ねこは どこ?』ヘンリー・コールさんインタビュー

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの作家インタビューコーナーに、
『こんやはてまきずし』『おいしいまんまるさん』の作者、五味ヒロミさんの記事が掲載されました!

『こんやは てまきずし』の文章を担当した五味さんは、
3人のお子さんを育てながら、
「絵本作家」「病棟保育士」「革小物作家」の面も持つ、スーパー・ママ。
このおはなしが生まれたきっかけは、
ご家庭での体験がベースになっているそうです。

ぜひご一読くださいませ。

★絵本ナビ えほんができるまで 作家インタビュー
『こんやはてまきずし』五味ヒロミさんインタビュー

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの作家インタビューコーナーに、
『世界恐竜発見地図』の作者、ヒサクニヒコさんの記事が掲載されました!
 
漫画家・イラストレーターであり、恐竜研究家としても知られるヒサさんが、
日本のみならず海外の発掘現場や博物館を訪ね、
本書をまとめ上げた経緯が語られています。
 

関連書籍はこちら



人と本や本屋さんとをつなぐWEBメディア「ほんのひきだし」にて、
「怪談えほん」シリーズが紹介されています。

子ども向け絵本と侮るなかれ、大人が読んでもぞぉっとする、暑い夏にピッタリの怪談えほんシリーズ。
京極夏彦、宮部みゆき、恩田陸、小野不由美など、そうそうたる作家陣が、
絵本という媒体を用いて様々な「怖さ」を表現しています。

気になっていたけどまだこの「怖さ」を未体験の方、怪談えほんシリーズを読んで暑い夏に背筋を
凍らせてください。

閲覧は自己責任で……。子ども向けなのに怖すぎる 「怪談えほん」シリーズ

関連書籍はこちら



東日本大震災の被災地で生まれた「じゃがいも」。
その「じゃがいも」が、本日7月31日付けの朝日新聞一面「天声人語」にて紹介されました!

この春、ほぼ全域で避難解除がされた福島県の飯舘村から、
「復興のシンボルとして村の大使に」と頼まれたじゃがいも。
今後、下記のテレビ番組でもじゃがいもの様子が放送される予定です!

◆8/17(木) NHK総合「もふもふモフモフ」(19:30~20:15)
◆9/01(金) 東海テレビ「じゃがいもコロコロ パート2」(19:00~20:00) 

災害救助犬をめざして、じゃがいもが訓練を続ける姿を描いたノンフィクション
『めざせ!災害救助犬 被災犬「じゃがいも」の挑戦』では、災害救助犬の試験に、
何度落ちても諦めずに頑張るじゃがいもが描かれています。

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの連載コーナーに、
『ねぇ、しってる?』のかさいしんぺいさん、いせひでこさん
おふたりのインタビューが掲載されました!

いせ先生とかさい先生のなれそめから、創作にいたるまでの道のり、
貴重ないせ先生の習作など披露されています。

♥絵本ナビ岩崎書店 えほんができるまで 作家インタビュー:
「『ねぇ、しってる?』かさいしんぺいさん、いせひでこさんインタビュー」

関連書籍はこちら

北海道日本ハムファイターズの中田翔選手が、今シーズンから主催試合で
ひとり親家庭を球場に招待するプロジェクト「絆シート」をスタートしています。

この度、岩崎書店はこの活動に協賛させていただき、
ひとり親家庭と、キャッチボールを通じて信頼出来る大人との出会いを描いた
絵本『ええたま いっちょう!』を献本させていただくこととなりました。

2017年7月4日(火)に東京ドームで行われた試合に先立ち、
ファームに本拠地を置く鎌ヶ谷市から招待された方々3世帯7名と中田翔選手、
そして清水聖士鎌ヶ谷市長が対面。

その際、中田選手からお子様4名に1冊ずつサイン入りの『ええたま いっちょう!』
が直接手渡されました!



また、その時の様子が、北海道日本ハムファイターズの公式HPを始め主要スポーツ各紙で
取り上げられています。

■北海道日本ハムファイターズ公式HP
2017年7月4日(火)「中田選手が鎌ケ谷市のひとり親家庭111人を招待

■日刊スポーツ 
2017年7月4日(火)「日本ハム中田ひとり親家庭の親子111人を招待

■デイリースポーツ
2017年7月4日(火)「日本ハム・中田「絆シート」に鎌ケ谷市のひとり親家庭43世帯を招待

■スポニチ
2017年7月5日(水)「ハム中田 ひとり親家庭43世帯を招待「力をもらっている」

関連書籍はこちら



「1000万人の絵本ためしよみサイト」絵本ナビさんの連載コーナーに、
『おおやまさん』『ももも』『あっはっは』の川之上英子さん、川之上健さんおふたりのインタビューが
掲載されました!

ご夫婦で絵本を制作されているおふたりの、絵本作家になったきっかけから、
ユニークな制作方法など、読み応えたっぷりのインタビュー記事です。

♥絵本ナビ岩崎書店 えほんができるまで 作家インタビュー:
「『あっはっは』川之上英子さん、川之上健さんインタビュー」

関連書籍はこちら



人と本や本屋さんとをつなぐWEBメディア「ほんのひきだし」にて、
『ビックリ3D図鑑 対戦!恐竜バトル』の記事が掲載されました!
 
無料アプリをダウンロードし、スマホやタブレットを本にかざすと
ARが動きだす「ビックリ3D図鑑」の第4弾。
最新刊の本書では、2人で遊べる「対戦モード」も搭載!
早速、対戦プレイした様子を、たっぷりご紹介いただいています!
 
■ほんのひきだし

関連書籍はこちら

 

5月17日(水)関西・毎日放送さんの情報番組「ちちんぷいぷい」(13:55~17:50)にて、
大評判の「子育てあるある」絵本『いっさいはん』の著者・minchi先生が、
「Today's voice ニュースな人」のコーナーにてインタビューの様子が放送されました。

◆2017年5月17日(水) 午後1時55分~午後5時50分
MBS毎日放送「Today's voice ニュースな人」コーナーにて
番組公式HP:http://www.mbs.jp/puipui/



◆「いっさいはん 特設サイト」公開中!



◆書店さま用注文書はこちらからDLいただけます。

関連書籍はこちら

 

「あるあるすぎる~!」とSNSなどで大反響の絵本『いっさいはん』。
発売からわずか4ヶ月で5刷・50,000部を突破しました!

そんな『いっさいはん』が、4月13日(木)関西の朝日放送さんの
情報番組「おはよう朝日です」(6:45~8:00)にて、
「大人もはまる児童書」の一冊として紹介されました。

◆2017年4月13日(木) 午前6時45分~午前8時
ABC朝日放送「おはよう朝日です」の「トレンド・エクスプレス」コーナーにて
番組公式HP:http://www.asahi.co.jp/ohaasa/
※放送日は変わる場合があります。


◆「いっさいはん 特設サイト」公開中!



◆書店さま用注文書はこちらからDLいただけます。

関連書籍はこちら


★「あるあるすぎる」と大反響!
『いっさいはん』が、「ダ・ヴィンチニュース」で紹介されました

じっとしてられない、ごみを集める、なんでも散らかす…
くすっと笑えて子どもが愛おしくなる、1歳半の子どもの予測不可能な行動を描いた絵本『いっさいはん』。

著者のminchi先生がSNSで公開していたものを書籍化したこの絵本。
SNSでの公開当時から「あるあるすぎる~!」と話題になりました。

そんな『いっさいはん』が、「ダ・ヴィンチニュース」に取り上げられました。
(記事のリンク先はこちら

くすっと笑えて愛おしくなる1歳半の日常、是非絵本をお手に取ってご覧ください。
本の詳細ページはこちら

関連書籍はこちら

◆「かわいすぎる警察犬アンズ」、TV、新聞、SNSで話題沸騰!◆

かわいすぎる警察犬「アンズ」は、トイプードルの3歳の女の子。
殺処分寸前のところを著者に救われ、数々の訓練を経て、茨城県警初の小型警察犬として活躍中です。

10月11日(火)のYahoo!ニュースTOPに、「かわいすぎる警察犬「アンズ」」として記事が紹介されて以降、
TV、新聞、ネット・SNSで話題沸騰中です。

警察犬アンズが誕生秘話が書かれた本はコチラ。アンズの頑張りに勇気をもらえます!

●11月11日(金):TBS系列「あさチャン」にて警察犬アンズと著者の鈴木博房さんが出演、
紹介されました。

●10月11日(火):Yahoo!ニュースTOPに、「かわいすぎる警察犬「アンズ」」が紹介されました。
ニュース記事はこちらよりご覧いただけます。


関連書籍はこちら


静かに優しく親子の愛情の絆を語る、世代をこえて感動を呼ぶベストセラー絵本
『ラヴ・ユー・フォーエバー』が、タレントの北斗晶さんのオフィシャルブログにて紹介されました!

ママ友の方から翻訳版と原書の英語版の2冊をいただいたとの事で、早速読んでみた所、
涙が止まらなくなったそうです。

☆北斗晶さんオフィシャルブログ『そこのけそこのけ 鬼嫁が通る』

2016年9月21日記事「おすすめの本」


「涙がとまらない」「とてもやさしい気持ちになれた」と、全国からお便りが続々と寄せられているこの絵本。
北斗晶さんのママ友さんがプレゼントされたように、子育て中のお母さんへの応援歌として、また子育てを
一段落されたお母さんへのプレゼントにも最適です。

関連書籍はこちら

女の子に大人気のよみもの「ルルとララ」シリーズ、「なんでも魔女商会」シリーズをてがける、
あんびるやすこ先生のインタビューが、楽天ブックスさんの「著者インタビュー」コーナーに掲載されました。

ルルとララや魔女商会のお話やキャラクター達が出来るまでや、子どもの頃に好きだった本や影響を受けた本
のお話、執筆する上での先生のこだわりなどを語ってくださいました!
どうぞご覧ください。

◆楽天ブックス『「なんでも魔女商会」「ルルとララ」シリーズ
あんびるやすこさん インタビュー』

関連書籍はこちら

「MOE 2015年5月号」の、「広松由希子のおすすめ新刊絵本」にて、『ふくしまからきた子 そつぎょう』と

妖怪えほん『あずきとぎ』『とうふこぞう』『ことりぞ』の4作品が紹介されました。

妖怪えほん3点は、「今月のテーマ」コーナーにて取り上げられています。

関連書籍はこちら

ちょうちょが飛ぶ瞬間、鳩時計が12時を告げる瞬間、猫が動き出す瞬間、
角砂糖が紅茶に溶ける瞬間、そして少女に
呼びかける瞬間――

短いようで長い、長いようで短い、「瞬間」という感覚を絵本にした『まばたき』。
刊行以来、様々な所で取り上げられ、話題を呼んでいる『まばたき』が、
「ダ・ヴィンチ 2015年3月号」の「この本にひとめ惚れ」コーナーにて、ひとめ惚れ大賞
を受賞いたしました。

穂村さん、酒井さんの対談も掲載されています。
どんな内容なのか、ぜひ実際にお手に取ってお確かめください!

関連書籍はこちら

2015年1月25日(日)午後4時30分~5時30分まで、東海テレビにて『めざせ!災害救助犬 被災犬「じゃがいも」の挑戦』の主人公・じゃがいものドキュメンタリー番組が放送されます!

「じゃがいもコロコロ~被災救助犬への長い旅~」
◆放送日:2015年1月25日(日)午後4時30分~5時30分
◆放送局:東海テレビ

<番組内容(東海テレビ公式サイトより)>
『じゃがいも』は、災害救助犬になれるか…。
番組は4回目の認定試験から始まります。
 2011年、『じゃがいも』は、福島県飯館村から岐阜県富加町の犬の訓練所に引き取られてきました。
 東日本大震災の直後、避難所で飼い主たちは犬のことで困っていました。岐阜の訓練所の山口常夫さん(63)は、現地に入り、45頭を預かることになりました。そのうちの一頭が、生まれたばかりの真っ黒な子犬でした。山口さんは、その子犬を『じゃがいも』と名付け、災害救助犬にしたいと考えます。しかし、訓練士の上村智恵子さんとトレーニングを続けていますが、『じゃがいも』は、なかなか試験を突破できません。がんばれ、じゃがいも!
 番組では、岐阜に預けられたコーギーの『マリ』、ブリタニースパニエルの『カール』、捨て犬だった『フー』など45頭の犬たちから見えるこの国の姿をドキュメントしていきます。
 この番組は、名優・天野鎮雄さんのナレーションをミナコ・ムーキー・オバタさんの音楽が支えます。テレビドキュメンタリーでは珍しいスキャット(アカペラ多重録音)だけで、楽器は一つも使っていません。さて、犬たちとナレーションと音楽、どんな番組に仕上がっているでしょう…。どうぞ、ご覧ください。

関連書籍はこちら

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ