3/17~7/9 あんびる先生作品展、山梨・清里にて開催!



■作家生活30周年を記念するアニバーサリー展

おさいほう魔女のシルクと人間の女の子ナナ、召使いねこのコットンが活躍する「なんでも魔女商会」。ふたりの小学生の女の子が店長さんを務める、森の小さなお菓子屋さんが舞台の「ルルとララ」。ハーブ魔女の家と庭、そして薬草のレシピブックを相続した人間の女の子ジャレットが主人公の「魔法の庭ものがたり」。いずれもシリーズ20巻を超えるミリオンセラーとなる作品の、お話と絵の両方を手がけ、創作しているのは、児童文学作家のあんびるやすこさん。2018年に作家生活30周年のアニバーサリー・イヤーを迎えます。

小学生の女の子から絶大な人気を集める作品の魅力は「魔法」や「ドレス」、「お菓子作り」、「ハーブ」といったテーマで繰り広げられる、華やかでかわいい物語の世界。そして作中、飾り立てることなく自然に語られる思いやりやがんばることの大切さなど、それらの大事なことに読者も気がついて、登場人物と一緒に成長していけること。「なんでも魔女商会」シリーズが始まってから15年が経つ現在でも変わらずに愛され続ける大きな理由のひとつです。

本展ではおよそ100点の原画をはじめ、登場するキャラクターの紹介や、制作の過程がうかがえるスケッチ、先生愛用の道具などを展覧します。

会期中は、サイン会や読み聞かせ会、限定グッズが販売されるミュージアムショップなど、”あんびるワールド”を楽しむ特別プログラムがもりだくさん!

さわやかな清里の高原で開かれる、作家生活30年記念の展覧会にぜひお越しください。


♥作家生活30周年記念 あんびるやすこ作品展

【会 期】2018年3月17日(土)~7月9日(月)
【会 場】えほんミュージアム清里(公式HP
山梨県北杜市高根町清里3545-6079 TEL:0551-48-2220
【開館時間】10:00~17:30
【休館日】火曜日 ※5月1日は開館、5月9日振替休館
【入館料】一般700円/小中学生300円/黒井健絵本ハウス共通割引券1,100円
【お問合せ】えほんミュージアム清里 TEL:0551-48-2220

◆会期中のイベントなどの詳細はこちら
◆日帰りバスツアーのご案内はこちら

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ