18年1月の新刊★すずちゃんののうみそ

 

「ねぇ、すずちゃんママ、すずちゃんは、どうして年長さんなのに、
くつを一人ではけないの?」

保育園のお友だちから、すずちゃんのママはこんな質問を受けました。

 

 

“てを ひらひらさせたり、へんなかおをしたり、くるくる まわったり。
なんだか うごきも へんてこりんです。
どうしてかな?
それはね、うまれたときから 「のうみそ」が、ちょっとだけ みんなと ちがうからなんだって。
おいしゃさんが いってたよ。“

 

 

すずちゃんのママは、ことばを話せないすずちゃんの代わりに、保育園のお友だちに向けて「すずちゃんのなぞ(障害)」についてのお手紙を書きました。

元々紙芝居として自費出版されていた作品が絵本になりました。

 

 

巻末には自閉症の特徴を、作中の絵を使ってわかりやすく紹介するページも。
自閉症のことがすーっとわかって、ちょっと身近に感じるお話しです。

 

 


★1月18日頃発売!

岩崎書店プレスリリース

岩崎書店Youtube

岩崎書店 facebook一覧

岩崎書店のブログ

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」