17年10月の新刊★ねだんのつかない子犬・きららのいのち

 

今日はきららが初めて動物病院に行く日。
きららの飼い主の「母ちゃん」は、受付でお医者さんから「柴犬ですか?」と聞かれて
「わかりません。ミックス犬ですね」と答えました。

捨て犬だったきららは、自分が生まれた日も、お父さん犬とお母さん犬がどんな犬種だったのかも、
どこで生まれたのかもわかりません。

 

 

きららはだんだん悲しくなりました。
生まれた日も、お父さんとお母さんがどんな犬だったのかも、自分が何犬なのかもわからない…
まわりのお友だちの犬はみんな「けっとうしょ」が付いているのに、
きららは捨て犬だったので「けっとうしょ」もありません。

 

 

けれど母ちゃんはきららに、きららの素晴らしいところ、きららの素敵なところ、
きららにしかないチャームポイントや、きららの得意な事をたくさん見つけて話してくれます。

 

 

ミックス犬を通じて犬と人間の信頼関係を描く、「捨て犬・きらら」シリーズ第3弾!

 

 


★10月17日頃発売!

関連書籍

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ