17年6月の新刊★化けて貸します! レンタルショップ八文字屋




11歳の春、主人公の文吾は奉公に出た。
厳しくも温かい仲間に囲まれ、奉公先の損料屋(今でいうレンタルショップ)で一生懸命働いていたある日、
おどろきの事実を知ることに。

 

 

なんと、奉公先の八文字屋は奉公人が全員がタヌキだった!?
それでも店で働き続けたい一心で、文吾は「人の子だからこそできること」を探します。
やがて先輩が客に正体を見破られ、八文字屋は危機におちいってしまいます。
お店を救うべく、文吾はある提案をするのですが…。

 

 

少年が居場所を見つけるために奮闘し、成長していく、さわやかな物語。
期待の新人の第二作目!

 

 

 

★6月10日頃発売!

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ