17年4月の新刊★ええたま いっちょう!(今月のプレゼント)


学校からの帰り道、男の子は泥だらけのボールをひろって、交番へ届けに行った。

若いおまわりさんが、ニコッと笑って落し物を受け取ってくれた。

 

 

交番でおまわりさんと話をする中で、男の子は、お父さんが

「落し物は交番に届けるんだ」と教えてくれたことを語ります。

それから、今日は学校で友達とけんかになったことも。

 

 

交番の隣で、男の子はおまわりさんとキャッチボールを始めます。
「おっ、『ええたま いっちょう』や」
「それ、どういう意味?」
「『ナイスボール』って言うことや」

信頼できる大人に出会った子どもの心の成長を描いた、感動の絵本。

 

<読者のみなさんへ>

若いおまわりさんとのキャッチボール。
心のキャッチボールでもあったそれは、「ぼく」にとって、とても大切な時間となりました。

「どんな けいさつかんに なりたいんや?」
おまわりさんの問いかけに、「ぼく」は答えます。
「おまわりさんのような けいさつかんや!!」

「お父さんのような人になりたい」
「お母さんのような人になりたい」
「先生のような人になりたい」 
みなさんは、「~のような人になりたい」と思ったことはありますか。

「~のような人になりたい」と思うこと、それは、生き方への共感であり憧れです。
自分のまわりに、そう思える人がいることは、子どもたちにとっても、そしてもちろん大人にとっても、すてきなことですね。

くすのき しげのり

 

★2017年4月21日頃発売!

 

★2017年4月「今月のプレゼント」★

 

4月のプレゼント本として、『ええたま いっちょう!』を抽選で3名様にプレゼントいたします!
ご応募はこちらから!

関連書籍

試し読みできます

フォア文庫

『フレーム・デコ』シリーズ

岩崎書店のブログ

岩崎書店 facebook一覧