新刊

ガジェット発明ヒカル

電子怪人テレビ男あらわる!

ガジェット発明ヒカル
この本に関するお問い合わせ・感想

発明発表会の会場で、停電に次ぐ爆発事故!幸いけが人はいませんでしたが、ヒカルたちは煙の中に怪人テレビ男を見つけます。

著者 栗原 吉治 作・絵
ジャンル

対象年齢  >  小学校低学年

NDC  >  (900~999)文学  >  (913)小説. 物語

物語・ノンフィクション  >  日本の文学

すべて見る

シリーズ ガジェット発明ヒカル
ISBN 9784265014415
判型・ページ数 A5・80ページ
定価 本体880円+税

内容説明

今日は発明クラブの発表会。ところが発表会の最中、停電に次いで爆発事故が起こります。
幸いけが人はいませんでした。
ヒカルは煙の中に、怪しい人影を見つけます。

時は2045年。
全自動のコンビニや自動運転の電気自動車、ドローンによる宅配便は当たり前。
太陽光だけでなく、月の光からの発電も可能になりました。

空に伸びた線路は新交通スカイレール。
新しい便利なモノがたくさん生まれました。

物語の舞台「フジミ商店街」は、そんな世の中で20世紀のなごりを残す、
アナログとITが融合する貴重な場所です。

主人公の星ヒカルは発明好きの小学3年生。
ヒカルの家は、フジミ商店街で代々電気店を営んできました。
そのヒカルの家には、秘密があります!
それは「ヒカルラボ」。発明品を作り出す、ヒカルだけの秘密の部屋です。

気鋭のゲームクリエーターによる近未来を舞台に発明少年たちが
大活躍する痛快ストーリー!


★「ガジェット発明ヒカル」のかっこいい紹介動画はこちら★

©栗原 吉治
Special Thanks:Hikaru Voice/Tachibana Komugi、Voice Cordinator/Yumi Hashimoto
Music/Robotprins
Reaching your destination-evil castle
En Ful HjäLte
robotprins.bandcamp.com

岩崎書店プレスリリース

岩崎書店Youtube

岩崎書店 facebook一覧

岩崎書店のブログ

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」