おとなママの会話術

いい関係をきずく ことば選びと使い方

おとなママの会話術
この本に関するお問い合わせ・感想

学校やPTA、習いごと、ママ友など、子どもをめぐるお付き合いで「感じのいい人」と思ってもらえる、ことば遣い集。

著者 辰巳 渚
ジャンル

対象年齢  >  一般

NDC  >  (800~899)語学  >  (809)言語生活

子育て・教育

すべて見る

出版年月日 2018/09/30
ISBN 9784265802401
判型・ページ数 4-6・128ページ
定価 本体1,200円+税

内容説明

学校や習いごと、ママ友など、子どもをめぐるお付き合いで母親に必要な気くばり。
本書では、良好な人間関係を築くために、さまざまな場面で使いたい言い回しを紹介します。

入学式から懇談会、個人面談、PTA、子どもの行き来、ママ友など、
子どもをめぐる付き合いは幅広く、深いものです。

本書は自分の気持ちをうまく表現し、そばにいる人と円滑にやっていくための「うまい言い回し集」。
気くばりが感じられ、相手に好印象を与える言葉づかいを紹介していきます。

子どもが孤立しないためには、親のフォローが欠かせません。
まずは場面に適した言い回しをマスターしましょう!


【掲載情報】
2018.10.02 ダ・ヴィンチニュース「苦手なママ友とのお茶会、どう断るのがベスト? 「おとなママ」の魔法の会話術
2018.09.28 読売新聞(朝刊)

岩崎書店プレスリリース

岩崎書店Youtube

岩崎書店 facebook一覧

電子書籍一覧

岩崎書店のブログ

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

映画『パパはわるものチャンピオン』 特設サイト