日本のロボット

くらしの中の先端技術

日本のロボット
この本に関するお問い合わせ・感想

進化する日本のロボット技術は人間のくらしにどのように生かされ役立っているかがビジュアルでよく分かる構成になっています。

著者 奥村 悠 監修
グループ・コロンブス有限会社 編集
ジャンル

対象年齢  >  小学校中学年

対象年齢  >  小学校高学年

対象年齢  >  中学生〜高校生

NDC  >  (500~599)技術・家庭  >  (548)情報工学

すべて見る

シリーズ 調べる学習百科
出版年月日 2018/09/30
ISBN 9784265086306
判型・ページ数 A4変・64ページ
定価 本体3,600円+税

内容説明

ロボット新時代を築いてきた、世界に誇る日本のロボット技術。
いまロボットが人間のくらしにどのように生かされ役立っているかが、
ビジュアルでよく分かる構成になっています。

ロボット新時代を築いてきた、日本のロボットが暮らしにどのように生かされているかがビジュアルでよく分かる!
ロボット研究の先端を行く千葉工業大学未来ロボット技術研究センター奥村悠博士監修。

【掲載情報】
2018.10.01 ICT教育ニュース「未来のロボット、AIはどうなる? 小中学生向けロボット調べ学習本

関連書籍

岩崎書店プレスリリース

岩崎書店Youtube

岩崎書店 facebook一覧

電子書籍一覧

岩崎書店のブログ

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

映画『パパはわるものチャンピオン』 特設サイト