いやし犬 まるこ

お年よりによりそう犬の物語

いやし犬 まるこ
この本に関するお問い合わせ・感想

触れ合うことで癒しを与える「癒し犬」として訓練を受けた犬の「まるこ」が、老人ホームで高齢者を元気する様子を綴った本。

著者 輔老 心
ジャンル

対象年齢  >  小学校高学年

NDC  >  (900~999)文学  >  (916)記録. 手記. ルポルタージュ

物語・ノンフィクション  >  日本の文学

物語・ノンフィクション  >  ノンフィクション

すべて見る

出版年月日 2017/10/25
ISBN 9784265840113
判型・ページ数 A5・144ページ
定価 本体1,300円+税

内容説明

触れ合うことで癒しを与える「癒し犬」として訓練を受けた「まるこ」は、特別養護老人ホームで高齢者を元気する人気犬。

山梨の「犬捨て山」から、動物愛護の活動をするブルーノ・マルコさんの手で保護された「まるこ」。
日本レスキュー協会(伊丹市)で「癒し犬」としての訓練を受け、兵庫県豊岡市の特別養護老人ホームで暮らします。

入所者から「まること一緒にいると落ち着く」「人なつこくて、やさしてく、生きがいです」とかわがられる人気者で、2016年、兵庫県動物愛護協会から功労動物として表彰されました。

この本では、マルコがホームに来るまでの足跡や日々の活動の様子を通して、一度は人から捨てられ殺処分になりそうだった犬が、今、人のために健気に尽している、という現実を見つめます。

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ