せん

せん
この本に関するお問い合わせ・感想

0歳の赤ちゃんが大好きな線がたくさん!1本の線はすべてのイメージの始まりです。想像力のトビラが開く新感覚の赤ちゃん絵本!

著者 新井 洋行
ジャンル

対象年齢  >  赤ちゃん

NDC  >  (900~999)文学  >  (913)小説. 物語

絵本  >  赤ちゃん向け・知育絵本

絵本  >  日本の絵本

すべて見る

シリーズ すこやかあかちゃんえほん
出版年月日 2017/09/05
ISBN 9784265082254
判型・ページ数 B5変・26ページ
定価 本体850円+税

内容説明

1本の線は、ぴょーんとはずんで、がががががのあとに、ちゅるんとまわる。
カラフルな線たちは、ふにゃっと集合、きゅきゅきゅと遊び、最後にぱっとまあるい花を咲かせます。
0歳の赤ちゃんは、1本の線の形を見つめながら、音とことばを感じています。
イメージとことばの”結びつき”、赤ちゃんの目線で作られた、新感覚の赤ちゃん絵本です。



「ことばへの橋わたしの絵本です」

ぴょーん、ふにゃふにゃ、ちゅるん……絵本は「せん」と「せん」をつなぐ「音」で作られています。
「せん」を見る視覚と「音」を聞く聴覚、この感覚どうしの”結びつき”は、生まれたばかりの赤ちゃんをもひきつけます。
また、この”結びつき”を何度もくり返し耳と目で経験することによって、ことばの獲得への一歩へと進みます。こうした脳の発達は、最近の赤ちゃんの研究からわかりました。
赤ちゃん世界からことばへの一歩を踏み出す、新しい絵本の可能性を体験してみてください。

中央大学文学部心理学研究室 日本赤ちゃん学会 山口真美教授より

関連書籍

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ