きみが うちに くるまえ…

きみが うちに くるまえ…
この本に関するお問い合わせ・感想

男の子の家にもらわれた子犬は、ひとりぼっちでさまよい、施設に保護されていた子犬。どんなつらい生活をしていたのかな。

著者 マリベス・ボルツ
デイヴィッド・ウォーカー
木坂 涼
ジャンル

対象年齢  >  幼児

対象年齢  >  小学校低学年

NDC  >  (900~999)文学  >  (930)英米文学

絵本  >  外国の絵本

すべて見る

出版年月日 2017/04/30
ISBN 9784265850914
判型・ページ数 A4変・32ページ
定価 本体1,200円+税

内容説明

男の子の家にもらわれた子犬は、ひとりぼっちでさまよっていた保護された子犬。
どんなつらい生活をしていたのか、ひとりになる前はどんな人に飼われていたのか……今はもうわからない。
こんなに良い犬なのに。
男の子は、子犬の過去に思いをはせて、その気持ちを分かち合おうとします。
いま子犬、は男の子の家で、暖かな家族を得たのです。

保護された子犬をもらってきた男の子の、優しくあたたかい心情を描いた絵本。

【掲載情報】
2017.08.01 早稲田アカデミー「WIN Kids 2017年8月号」

「いっさいはん あるある川柳コンテスト」

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ