おばあちゃんがこどもだったころ

おばあちゃんがこどもだったころ
この本に関するお問い合わせ・感想

今のおばあちゃん世代が子どもだった頃、どんな出来事があったか、どんな暮らしをしていたのか。孫世代に伝える絵本です。

著者 菅沼 孝浩 作・絵
ジャンル

対象年齢  >  小学校低学年

対象年齢  >  小学校中学年

対象年齢  >  小学校高学年

対象年齢  >  中学生〜高校生

対象年齢  >  一般

NDC  >  (200~299)歴史・地理  >  (210)日本史

絵本  >  日本の絵本

すべて見る

出版年月日 2017/04/30
ISBN 9784265812028
判型・ページ数 B5変・32ページ
定価 本体1,600円+税

内容説明

昭和中期、まだ多くの道が未舗装だった。その後テレビが普及、東京タワーが建ち、万博開催……という激動の時代を、当時子どもだったおばあちゃんの目線で伝える絵本。

 

21世紀に入って世の中は大きく変わりました。
たとえ昭和のできごとでも、今の子どもたちには想像もつかないことが多いのではないでしょうか。
そんな、今のおばあちゃんが子どもだった頃のことを、絵本を通して子どもたちに伝えていくというのがこの本の作られたきっかけです。
当時のできごとを美しい絵本を通して知ることは、子どもにとっても楽しいだけではなく、とても役に立つことだと思います。
あなたもぜひ、あなたが子どもだったころのことを子どもたちに伝えてあげてくれませんか?



【掲載情報】
2017.06.15 りぶる 2017年7月号
2017.03.24 全国農業新聞

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 『わが家は何ハグ?キャンペーン』 特設サイト

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ