もんだい

もんだい
この本に関するお問い合わせ・感想

ソクラテス、カエサル、ナイチンゲールなど偉人はそれぞれの「もんだい」を持っていた。それを彼らの肖像画とともに考える絵本。

著者 井筒 啓之 作・絵
ジャンル

対象年齢  >  小学校高学年

対象年齢  >  中学生〜高校生

対象年齢  >  一般

NDC  >  (100~199)哲学  >  (100)哲学

すべて見る

出版年月日 2016/12/31
ISBN 9784265812011
判型・ページ数 B5・32ページ
定価 本体1,800円+税

内容説明

ソクラテス、カエサル、ナイチンゲールなど世界の偉人たちはそれぞれ固有の「もんだい」(哲学的テーマ)を持っていた。
それを彼らの美しい肖像画とともに考える絵本。

この絵本は、お話があるわけでもなければ何かの答えがあるわけでもありません。
代わりに15の「もんだい」があります。「もんだい」とは、世界の偉人たちが持っていた「哲学的テーマ」のこと。

例えばソクラテスだったら「生きるとは何か?」、カエサルだったら「人間とは何か?」、ナイチンゲールだったら「病気とは何か?」。そんな「もんだい」を日本を代表するイラストレーターのひとりである井筒啓之さんが描く美しい偉人たちの肖像画とともに読者といっしょに考えていくのがこの本の狙いです。

関連書籍

試し読みできます

岩崎書店のブログ

フォア文庫

岩崎書店 facebook一覧

『フレーム・デコ』シリーズ